ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年10月19日 08時00分 公開

“倒れないバイク”再び ホンダが改良版、東京モーターショーに出展

ライダーがバランスを保たなくても自立する「Honda Riding Assist-e」が、第45回東京モーターショー2017に登場する。

[ITmedia]

 本田技研工業(ホンダ)は、ライダーがバランスを保たなくても自立する二輪車「Honda Riding Assist-e」を、第45回東京モーターショー2017(10月27日〜11月5日、東京ビッグサイト)に出展する。1月に米ラスベガスで開催された「CES 2017」で披露したモデルを改良し、車体はよりコンパクトに仕上げた。

photo Honda Riding Assist-e
photo

 ホンダがヒューマノイドロボット「ASIMO」などの研究で培ったバランス制御技術を応用した二輪車。渋滞や信号での発進・停止時など、低速走行時でもマシン自体がバランスを保ち、ライダーの負担を軽減するという。

 動力を駆動部に伝える機構(パワートレイン)には、環境への負荷が小さい電動モーターを採用。同社が目指す、化石燃料に頼らない社会(カーボンフリー)を具現化するモデルという。

電気自動車(EV)のコンセプトカーも

 ホンダはこのほかに、電気自動車(EV)のコンセプトカー「Honda Sports EV Concept」を出展する。コンパクトなボディーにEVと人工知能(AI)を組み合わせ、「人とクルマが1つになったような運転感覚を体験できるモデルを目指して開発した」という。

photo Honda Sports EV Concept

 また、量産EVモデルのコンセプトカー「Honda Urban EV Concept」、ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して運転をサポートする「Honda NeuV」(ホンダ ニューヴィー)も公開する。

photo Honda Urban EV Concept
photo Honda NeuV

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.