ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年10月19日 13時29分 公開

電池不要で歩行アシスト 振り子とバネでサポート「aLQ」

無動力歩行アシスト機「aLQ」を、フランスベッドが10月20日に発売。バッテリーやモーターなどを使用せず、振り子とバネの力でサポートする。

[ITmedia]

 バッテリーやモーターなどを使用せず、振り子とバネの力でサポートする無動力歩行アシスト機「aLQ」を、フランスベッドが10月20日に発売する。腰と膝の2点に装着するシンプルな構造で、「20%ラクに」歩けると、開発元の今仙電機製作所はアピールしている。価格は4万9680円(税込)。

画像
画像
画像

 名古屋工業大学と今仙電機製作所が共同開発し、今仙電機が6月に発売した製品。新たに、フランスベッドから販売する。

 バッテリーやモーターなどを使用せず、振り子とバネの力で自然な足の振り出しをサポートするという。健康な男子が10キロの荷物を持って歩行した場合の歩行効率(フィジオロジカルコストインデックス)を測定した結果、負担が20%軽減できたという。ウォーキングが楽になるほか、坂道や階段での負担も軽減できるとしている。

 腰と膝の2点のみに装着するシンプルな構造で、ベルトの長さやバネの強さは調節可能。重さは760グラムと軽量に抑えた。身長146〜180センチに対応している。立ち上がりや、体重を支える機能はない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.