ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年10月25日 16時30分 公開

東京モーターショー2017:時速200キロ! バイク操縦するロボット「MOTOBOT」が超進化 「胃が痛かった」ヤマハが挑戦した3年間 (1/2)

二輪車を操縦するヤマハ発動機の人型ロボット「MOTOBOT Ver.2」が、時速約200キロでサーキット走行に成功。「胃が痛かった」――約3年間にわたる開発の舞台裏を聞いた。

[片渕陽平,ITmedia]

 ヤマハ発動機は10月25日、二輪車を操縦する人型ロボット「MOTOBOT Ver.2」が、時速約200キロでのサーキット走行に成功したと発表した。二輪ロードレース「MotoGP」のトップライダー、バレンティーノ・ロッシ選手とも対戦し、1周3マイル(約4.8キロ)のコースで約30秒差まで迫った。

photo バイクを駆る人型ロボット「MOTOBOT Ver.2」が、東京モーターショー2017(10月25〜26日はプレスデー、一般公開は27日から)に登場

 バイク本体は改造せず、人型ロボットがあくまで人間と同じように操縦するのが特徴。GPSなどで現在位置を把握し、ロボットがステアリングやアクセル、ブレーキ、シフトペダルなどを自ら操作し、自律走行する。15年の東京モーターショーに初出展した「Ver.1」(最大スピードは時速100キロ程度)から改良を重ねた。

 「胃が痛かった」――開発を担当したヤマハ発動機の西村啓二さんは、そう振り返る。約3年間にわたる挑戦の舞台裏を、西村さんとプロジェクトマネージャーの西城洋志さんに聞いた。

photo ヤマハ発動機の西村啓二さん(左)と西城洋志さん(右)。西村さんは今夏、米国のサーキットに常駐しMOTOBOTの開発に勤しんだ。「(試験走行で)日焼けした」(西村さん)

「3回ほど全損した」

 あらかじめMOTOBOTは、コースの立体的な地図データ、理想的な走行の軌跡を学習。その上で(1)GPSで走行中の位置を把握、(2)立体的な地図データと照合、(3)シミュレート通りにハンドルなどを操作――という流れで自律走行する。目標は「サーキット限定でとにかく早く走らせること」だ。

photo 車両に改造は加えず、ロボットが人間と同じように腕を動かすなどして操作する

 ただ、理論通りにスピードが上がるとは限らず、バイクが走るべき軌跡を何度も見直し、トライ&エラーを繰り返した。西城さんは「トライ&エラーのリスクが異様に高いこと」が苦労したポイントだと語る。

 というのは、同じ自動運転でも「クルマ(四輪)は、エラーが起きればすぐに止めればいいが、バイク(二輪)はすぐには止まれるとは限らない」(西城さん)からだ。高速走行中、タイミングが悪い地点でエラーが起き、走るのを止めると「『ガチャン』と倒れるどころか、クルクルと回転して全損する恐れがある」(西村さん)。

 「全損は3回ほどあった」と西村さん。前モデル「Ver.1」のスピードは、時速100キロ程度で、直線や簡単なスラロームを走るレベルだった。しかし新型は、アップダウンがあり、ヘアピン(急カーブ)があるサーキットを時速200キロで走行するという目標に挑んでいた。「速度を上げていくと、急激にリスクが高まった」(西城さん)

 西城さんは「私たちからすると、MOTOBOTは子どものようなもの。トライ&エラーは必要だが、彼が壊れる姿を見るのは辛かった」と苦笑いする。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.