ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年10月26日 19時17分 公開

FTPクライアント「FFFTP」ついに開発終了か 6年前に“引き継いだ”開発者が表明

定番のFTPクライアント「FFFTP」が開発終了になる可能性。元・作者のSotaさんから開発を引き継いだ川本優さんが、Twitter上で「開発を辞める予定」と明かした。

[ITmedia]

 FTPクライアントソフト「FFFTP」の開発を辞める予定――開発メンバーの川本優さんがこのほどTwitterに投稿した、そんな内容のツイートが話題になっている。


 FFFTPは、Windows向けのFTPクライアントソフト。もともとは別の作者・Sotaさんが1997年ごろに開発を始め、オープンソースのフリーソフトウェアとして公開した。FTPクライアントの定番として利用されたが、2011年にSotaさんが開発終了を表明。オープンソースソフトウェア開発コミュニティーのSourceForge.JP(現OSDN)上で、川本さんらが開発を引き継いだ。

 現行のバージョンは16年5月に公開した「1.99a」。川本さんによれば「ホストの設定をWinSCPへエクスポートする機能」を実装し、開発を終える予定。最終バージョンは「2.00」を検討しているという。

 川本さんは「引き継ぎたい酔狂な人は多分いないだろう」としつつも、オープンソースソフトウェアであるため「その気になれば誰でも開発はできるぞ」「今すぐ使えなくなるわけでもない」と説明している。


 これに対し、ネットユーザーからは「長い間お世話になりました」「終了は悲しい」といった声が上がっている。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.