ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年11月01日 11時45分 公開

犬型ロボット「aibo」復活 来年1月発売、19万8000円

ソニーが犬型ロボット「aibo」を2018年1月11日に発売する。

[ITmedia]

 ソニーは11月1日、AI(人工知能)技術を活用した犬型ロボット「aibo」(アイボ)を発表した。価格は19万8000円(税別、以下同)で、同日から予約を受け付け、2018年1月11日に発売する。2006年に生産終了した「AIBO」以来、約10年ぶりに復活する。

photo

 加速度センサー、人感センサーなどを搭載し、周囲の状況に応じたふるまいが可能。画像認識や音声の認識・解析には、ソニーが培ったディープラーニング技術を活用した。魚眼カメラを用いた地図作成(SLAM)技術も搭載。周囲の環境を徐々に把握しながら慣れ親しんでいくことで、aiboが歩く範囲を広げていく。

 オーナーの優しい言葉や笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜んでくれることを、本体のAIが学習するという。事前にオーナーの同意を得た上で、aiboとのやりとりのデータを、ソニーのクラウド上に収集・蓄積。aiboをさらに賢く進化させるのに活用する。

photo

 くるくると瞳が動いたり、鳴いたり、耳や尻尾、体全体でボディーランゲージをしたりと、愛くるしい“ふるまい”を表現。超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディーに計22軸を搭載することで、滑らかで柔らかい駆動を可能にした。感情を繊細に表現するという瞳には、2つのOLEDを採用した。

photo

 「そっと触れたくなる」という丸みを帯びたボディーに仕上げ、生命感あふれる佇まいと質感を表現した。外寸サイズは約180(幅)×約293(高さ)×約305(奥行き)ミリ、重さは約2.2キロ。連続稼働時間は約2時間(充電時間は約3時間)。カラーはアイボリーホワイト。

 利用するには「aiboベーシックプラン」への加入が必要。家庭のWi-Fi接続やモバイル回線接続で、クラウドで解析した情報を基にaiboが成長する。aibo本体のデータは、クラウドにバックアップでき、故障・事故などで修理ができなくなっても、新しいaiboに復元できるようにする。プラン料金は、9万円の一括払いか、36回払い(1カ月当たり2980円)から選べる。

骨型のアクセサリー「アイボーン」も

 aibo本体と連動するアプリ「My aibo」(iOS/Android、Webブラウザ版)も2018年1月11日から提供する。本体設定やオーナー情報の確認機能のほか、aiboが撮影した写真を閲覧できる「aiboフォト」、アプリ上でaiboと触れ合える「あそぶ」、aiboのふるまいのバリエーションを追加できる「aiboストア」などが使える。

 骨型のアクセサリー「アイボーン」も1月11日に発売を予定している。2980円。

photo アイボーン

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.