ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月07日 12時06分 公開

Appleの英語圏ユーザーが一番使う絵文字は「泣き笑い顔」 7位にはドクロも

Appleがプライバシー保護の技術を説明する文書の中で、英語圏ユーザーによる絵文字使用頻度トップ10を公開した。それによると、1位はダントツで泣き笑い顔文字、2位はハートだった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは公式サイトのプライバシーに関する説明ページの英語版に、ユーザーのプライバシーを保護するための技術「差分プライバシー」についてのドキュメントへのリンクを追加した。

 このドキュメントの「Count Mean Sketch」についての説明の部分で、Apple製品の米国ユーザーが使う絵文字のランキングを公開した。

 emoji 1

 トップは他を大きく引き離して泣き笑いの顔文字だ。2番めはハート。10位まではこのハートとドクロ以外はすべて顔文字だ。

 Appleはこのドキュメントで、ユーザーが入力するテキストをそのまま収集して解析するのではなく、データにランダムな情報を加えるので安全に匿名化されると説明。

 差分プライバシーから集めた情報は、個人のプライバシーを犠牲にすることなく、Appleのサービスを改善するために活用されているという。例えばiOS 10では、QuickTypeや絵文字の提案、「メモ」内の検索ヒントを改善するのに役立ったとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.