ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月08日 06時00分 公開

Twitter、字数上限を280文字に正式拡大 日本語は対象外

Twitterが、ツイートできる文字数の上限を280文字に正式に拡大すると発表した。日本語、中国語、韓国語は対象外。

[ITmedia]

 Twitterは11月8日、ツイートできる文字数の上限を140文字から280文字に正式に拡大すると発表した。日本語、中国語、韓国語を除く言語に適用するという。

photo 140文字(左)と280文字(右)のツイート。日本語、中国語、韓国語は対象外

 文字数制限の変更は、9月から一部ユーザーを対象にテストしていた。Twitterによれば、テスト導入以前は英語によるツイートのうち、9%が140文字の上限に到達していた。

 「投稿する前に単語を削除したり編集に時間を使ったりして、途中でツイートを諦めるユーザーもいた」(同社)。試験的に投稿できる文字数を拡大したところ、280文字の上限に達したツイートは全体の1%だったという。

photo 280文字の上限に達したツイートは全体の1%だったという

 「文字数制限が緩和したことで1つのツイートに考えを収めやすくなり、言いたいことを発言しやすく、編集の時間をかけずにツイートできるようになった」(同社)

 一方で、140文字以上のツイートは5%、190文字超のツイートは2%だった。「タイムラインは現在のものと大きく変わることなく、タイムライン上にはあまり変わらない数のツイートが表示される」と説明している。テスト開始当初は多くのツイートが140文字を超え、ツイートサイズを大きくしようと試みるユーザーもいたが、一時的な状況だったという。

 ツイートの文字数に余裕があるユーザーは、ツイート回数が増えるだけでなく「いいね」やリツイート、@を使ったリプライ(返信)など、他ユーザーからの反応が多く、フォロワー数が増え、Twitterの利用時間も長くなる――という傾向も分かったとしている。

 日本語、韓国語、中国語は、引き続き140文字を上限にする。英語などと比べると言語の「密度」が違い、同じ文字数でも伝えられる情報量に差が出るためという。

photo 同じ内容のツイートを異なる言語で表示したもの。言語によって「密度」が違い、同じ文字数でも伝えられる情報量に差が出る

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.