ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年11月14日 19時42分 公開

LINE Pay「コード決済」、ロフト旗艦店で導入 スマホ画面を読み取るだけ

渋谷ロフトとなんばロフトで、LINE Payの「コード決済」が使えるように。LINE Payの画面に表示したコードを店員が読み取り、決済できる。

[ITmedia]

 メッセージアプリ「LINE」と連携する「LINE Pay」のコード決済が、生活雑貨店「渋谷ロフト」(東京都渋谷区)と「なんばロフト」(大阪府大阪市)で11月15日から使えるようになる。店頭のレジで、LINE Payの画面で表示したコードを読み取ってもらうだけで会計できる。

photo

 会計時にLINEを立ち上げてLINE Payをタップし、メイン画面で「コード」を選択してパスワードを入力。表示されたコードを店員が読み取ると決済でき、完了するとLINEにメッセージが届く。

photo 「コード決済」の利用方法

 まず旗艦店である2店に導入し、2018年3月までに国内55店舗に拡大。ゆくゆくは全店舗(109店舗)に導入する考え。

 LINE Payは個人向けのモバイル送金・決済サービスで、ネットショッピングや個人間送金に使えるほか、プリペイド式の「LINE Payカード」でJCBに加盟している実店舗の支払い手段としても利用可能。チャージは銀行の口座振替やオートチャージ、Pay-easy、コンビニ支払いに加え、10月からセブン銀行ATMにも対応している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.