ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年11月16日 12時26分 公開

「Trello」日本で本格展開へ 日本語サポートなど提供

プロジェクト管理ツール「Trello」が日本で本格展開へ。

[ITmedia]

 豪Atlassianは11月16日、プロジェクト管理ツール「Trello」を、2018年2月から日本で本格展開すると発表した。Atlassianの日本チームが、日本語によるマーケティングやサポートを提供するほか、日本製ツールとの連携を強化する。

画像

 Trelloは、付せんのようなユーザーインタフェースで簡便にプロジェクト管理できるツール。世界の登録ユーザーは2500万人に上るという。米Fog Creek Softwareが2011年に立ち上げ、14年に企業としてスピンアウト。Atlassianが17年2月に買収した。

 すでに日本語化されているが、2018年2月以降、日本向け展開をさらに強化。日本語によるマーケティング・サポートを提供するほか、「Qiita:Team」や「ChatWork」など日本で開発されたツールとの連携を進める。

 Trelloの共同創設者のマイケル・プライアー氏は「Trelloの日本正式参入は長年の目標だった。働き方改革の真っただ中の日本では、Trelloのカンバン形式のツールは非常に役立つと確信している」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.