ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月17日 16時32分 公開

Googleのキーボードアプリ「Gboard」、Android版もようやく日本語対応に

9月にiOS版が日本語に対応したGoogleのキーボードアプリ「Gboard」のAndroid版でも日本語が使えるようになった。フリック入力も可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleのキーボードアプリ「Gboard」のAndroid版が11月16日、iOS版に遅れること約2カ月、ようやく日本語に対応した。Google Playストアからダウンロードできる。

 Gboardは、同社が2016年5月にまずはiOS版を公開した無料キーボードアプリ。キーボードの(G)ボタンで検索し、検索結果を入力できるのが特徴だ。

 gboard 1 (G)で検索した結果をペーストできるのが特徴

 日本語では「12キー」(いわゆるフリック入力モード)に設定できる。

 gboard 2 ついに日本語を設定できるようになった

 12キーにすると、左下の[あa]ボタンのタップで英語に切り替えると英語も12キーにしかできない。英語ではQWERTYキーボードを使いたい場合は英語のキーボードも追加し、切り替えるにはスペースキー長押しで切り替えメニューを表示させてそこで選ぶという一手間が必要だ。

 gboard 3

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.