ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月17日 17時39分 公開

Airbnb、障害者支援民泊サービスAccomableと広告ツールのAdBasisを買収

民泊仲介サービスのAirbnbが、障害を持つ旅行者のための民泊仲介サービスの英Accomableと、広告比較ツールの米AdBasisを買収した。いずれのサービスもAirbnbに統合され、現行サイトは数カ月中に終了する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米民泊仲介サービスのAirbnbは11月16日(現地時間)、障害を持つ旅行者専用の民泊仲介サービスを運営する英Accomableを買収したと発表した。AccomableのWebサイトは向う数カ月中に閉鎖し、同社が擁する60カ国以上のリスティングはAirbnbに統合していく。

 Accomableは2015年創業のロンドンに拠点を置く非公開企業。自らも障害を持つスリン・マディパリ氏が障害者の世界旅行を支援する目的で立ち上げた。

 airbnb 1

 マディパリ氏はAirbnbのDiversity and Belongingチームに参加し、Airbnbのリスティングのアクセシビリティ改善に取り組む。

 Airbnbは13日には広告比較ツールを提供する米AdBsisを買収している。こちらはAdBasisが15日に発表した。2014年創業でシカゴに拠点を置く同社は、企業向けにAdWords向けの広告テストツールなどを提供していた。同社のサービスは2018年2月13日に使えなくなる。

 AdBasisのチームはAirbnb内でテストと最適化技術に取り組んでいくとしている。

 airbnb 2

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.