ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2017年11月20日 19時29分 公開

17年は「移動ロボット」に注力 ソフトバンクロボティクス、業務用清掃ロボット事業に参入

ソフトバンクロボティクスが、2018年夏に業務用床洗浄機を発売する。

[太田智美,ITmedia]

 ソフトバンクロボティクスは11月20日、業務用清掃ロボット事業への参入を発表した。第1弾として、米Brainの自動運転技術(Brain OS)を搭載した搭乗式スクラバー(床洗浄機)を2018年夏に日本で発売する。


床洗浄機 搭乗式スクラバー(床洗浄機)

 同洗浄機は、自律走行で床を洗浄する業務用お掃除ロボット。清掃員が機体に搭乗し、マニュアルに沿って手動運転すると、地図が作成され経路を記憶。スタートボタンを押せば、作成した地図データをもとに清掃ルートを自律走行する。

床洗浄機 作成される地図データ

 機体には複数のセンサーが取り付けられており、人や障害物を避けながら走行。安全のため、何かあったときすぐに停止できるよう低速で動く。8時間の充電で3〜4時間駆動。米国では既に、コストコやウォルマートなどに導入済みだという。


床洗浄機 米国における導入企業

 清掃業界の高年齢化や雇用難が進む中、ソフトバンクロボティクスは人手不足の解決策として提案。同社は「ロボットは、顔・脚・手の順を追って進化する」とし、「2017年は移動を伴うロボットに力を入れていきたい」と述べている。


床洗浄機

床洗浄機

床洗浄機

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.