ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月22日 12時09分 公開

Google、位置情報オフのAndroid端末からも「Cell ID」収集、終了を約束

Googleが2017年初頭から、位置情報サービスをオフにしてあるAndroid端末からも最寄りの基地局のCell IDを集めていたと米メディアQUARTZが報じ、同社がこれを認めた。アップデートでこの機能を近く終了させるとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは、たとえ位置情報機能をオフにしていてもAndroid端末の位置情報を収集していたと、米QUARTZが11月21日(現地時間)、調査結果を添えて報じた。GoogleはQUARTZの取材に対し、Android端末が受信する近くの携帯基地局のID(Cell ID)を収集していることを認めた。

 cell 1 Androidでは位置情報機能をオフに設定できる

 QUARTZによると、2017年初頭から、SIMカードが入っていない端末も含め、Wi-Fiに接続するとCell IDをGoogleに送信しているという。

 Googleの広報担当者はQUARTZに対し「今年の1月、メッセージ送信の速度と性能を改善するためにCell IDのコードを利用する方法を検討し始めた」としてCell IDを収集していることを認めたが、このデータはサーバに保存したり流用したりはしておらず、11月中のアップデートでCell IDの収集を止めると語った。

 Googleの「ポリシーと規約」のWi-Fi アクセス ポイント、基地局という項目には、「Googleの位置情報サービスを有効にすると」基地局に関する情報が端末からGoogleに送信されるとある。

 cell 2 Googleの「ポリシーと規約」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.