ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年11月24日 15時09分 公開

有機ELパネル、iPhone Xで需要加速 6年間で世界市場規模3倍の予測

矢野経済研究所が、「iPhone X」などで利用される有機ELパネルの世界市場規模の予測を発表した。16年から22年で3倍以上成長するという。

[ITmedia]

 「2016年から22年で3倍以上の成長」──矢野経済研究所は11月24日、「AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)パネル」(以下、有機ELパネル)の世界市場に関する調査結果を発表した。22年には、16年実績の3倍となる15億3660万枚が出荷される見込み。

iPhone 「iPhone X」

 有機ELパネルは、「iPhone X」「Galaxy」シリーズなどのスマートフォン、スマートウォッチ、2-in-1 PC、テレビ、ヘッドマウントディスプレイ、車載用機器などに使用される。16年は中国のOPPO ElectronicやVivoなどミドルエンドのスマホに採用されたことで、前年比135.9%の4億2200万枚の規模に成長。

市場 世界市場規模の予測

 17年は、同市場をけん引してきたGalaxyシリーズのラインアップ拡大や、iPhone Xの発売などもあり、4億7380万枚の出荷を予測。iPhone Xだけで6000万枚を出荷すると推計する。18年はAppleと中国メーカーのスマホユーザーのみで3億枚以上の市場創出が予測されるという。

 また、韓国LG Electronicsを始めとするテレビや、デザイン性が重視されるスマートウォッチ、電気自動車(EV)などの車載用ディスプレイへの採用も見込まれる。また、材料のロスが少なく、生産工程がシンプルな印刷方式による中型有機ELパネルの本格量産が19年に開始されるとしている。

 有機ELパネル市場は毎年成長を続け、22年には15億3660万枚が出荷される見込みという。

 調査期間は17年7月〜10月。ディスプレイ用AMOLEDパネルメーカー、素子材料(発光材料、共通材料)メーカー、封止材メーカー、静電容量方式のタッチパネルメーカー、偏光板メーカー、基材メーカーなどを対象に、矢野経済研究所の専門研究員らがヒアリングなどを行った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.