ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2017年11月28日 16時39分 公開

楽天銀行かたるウイルスメール 件名は「不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWallプレミアム」提供開始について」

楽天銀行をかたり、「【重要】不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWallプレミアム」提供開始について」という件名のウイルスメールが出回っている。

[ITmedia]

 「【重要】不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWallプレミアム」提供開始について」という件名で、楽天銀行をかたるスパムメールが出回っているとし、警視庁などが注意を呼び掛けている。本文中のリンクをクリックすると、ウイルスファイルがダウンロードされるという。

画像 ウイルスメールの内容(日本サイバー犯罪対策センターのWebサイトより)

 メール本文には、「楽天銀行では平成11月29日(水)より当行のホームページや「道銀ダイレクトサービス」をより安心してご利用いただけるよう、不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWallプレミアム」の提供を開始しました」などと書かれており、不審なサイトのファイルへのリンクが記載されているという。

 「PhishWallプレミアム」は、セキュアブレインが提供する実在のセキュリティソフトで、金融機関からユーザーに提供されている。「ゆうちょ銀行」など多数の金融機関が導入しているが、楽天銀行は導入企業一覧には含まれていない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.