ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月29日 15時51分 公開

2017国際ロボット展:“足がクサイ”と気絶、犬型ロボ「はなちゃん」 新型は「お尻から消臭剤」噴射

足が臭うと気絶する犬型ロボット「はなちゃん」が、2017国際ロボット展に登場。臭うとお尻から消臭剤を噴射する新型も披露された。

[片渕陽平,ITmedia]

 足が臭うと気絶する犬型ロボット「はなちゃん」を、ベンチャー企業のNext Technology(福岡県北九州市)が「2017国際ロボット展」(11月29日〜12月2日、東京ビッグサイト)に出展している。臭う場所を見つけると片足を上げ、お尻から消臭剤を噴射する新型「Cleaning Dog はなちゃん」(非売品)も初披露した。

 はなちゃんは、鼻の先にガスセンサーを搭載。ユーザーが靴下のニオイをかがせると、アミン系、硫黄系の悪臭物質を検知する。測定結果に応じて(1)いい匂いの場合は「すり寄る」、(2)可もなく不可もない場合は「ワンワンと吠えるだけ」、(3)臭う場合は「力なくゆっくりと崩れ落ち、気絶する」――と反応が変わる。

photo クンクン……
photo くさっ! パタリ

 29日から同社サイトか電話で予約を受け付ける。価格は3万5000円から(カラーや毛の種類によって変動)。

 “気絶”機能の代わりに、消臭機能を備える新型も開発した。悪臭を感じ取ると、マーキングするようにお尻から消臭剤を勢いよく放つ。ユーザーの足の臭いではなく、部屋の臭いを抑えるために活用してもらう考えで、開発を進めているという。将来はバッテリーを搭載し、家庭内を歩き回れるようにする。発売時期、価格は未定。

photo 消臭機能を備える新型「Cleaning Dog はなちゃん」
photo 臭う部分に消臭剤を噴射

居酒屋に設置? 制汗剤企業が注目

 「子どもから足が臭うといわれてショック」――はなちゃんは、そんな人の声がきっかけで開発が始まったという。Next Technologyの辻貴美花さんは「臭いを確かめたくても、数値として結果が出るのは悲しい。面白く可愛く伝えてほしいという依頼を受けて開発した」と振り返る。

 現時点では1台ずつ「手作り」。ユーザーの反応を見ながら、はなちゃんのカラーや毛の種類などを精査し、量産を検討するという。

 今回の出展は、制汗デオドラントブランド「デオナチュレ」を提供するシービックと共同で実施。シービックの井上芳春さん(U&Iマーケティング本部 マーケティング部 マネージャー)は「臭いへの意識が高い人は、男性には極めて少ない。はなちゃんは、男性が『もしかして臭っているのか』など臭いへの気付きを、可愛らしく伝えてくれる」と期待する。

 「居酒屋の座敷席など、靴を脱ぐ機会にはなちゃんを導入し、デモンストレーションをすれば、両社のプロモーションにつながるのではないか」(井上さん)。今後は、消臭剤の提供などを検討、協力していく考えだ。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.