ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年12月01日 23時34分 公開

マストドンつまみ食い日記:連合型YouTube、PeerTubeの方針転換でオイゲンさんのCobaltは開発停止

「開発を続ける必要がなくなった」とオイゲンさん。

[松尾公也,ITmedia]

 マストドン(Mastodon)作者のオイゲン・ロチコさんは寄付プラットフォームのPatreonに最近のアップデートと回想についての文章を公開し、その中でマストドンとは別にスタートした個人プロジェクト「Cobalt」の開発を停止したことを明らかにした。

 マストドンと同様の連合型SNSでYouTube代替を目指すCobaltは11月に開発開始したが、その経過を報告した直後に別のP2P型YouTube代替ソフトウェア「PeerTube」がActivityPubを採用する方針に変えたことにオイゲンさんは注目。その後、ActivityPubの実装まで実現してマストドンとの相互運用性を高めると発言したことにより、オイゲンさんはCobaltの開発を続ける必要がなくなったと説明している。

photo

 この文章の中では、マストドンの次期バージョンである2.1についても言及されているが、それについてはまた次回。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.