ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年12月06日 08時21分 公開

Google、「YouTube」を「Amazon Fire TV」から2018年1月1日に引き上げへ

Googleが、「Amazon Fire TV」でYouTubeを視聴できなくする。Amazonが「Chromecast」や「Google Home」を販売しない問題を解決するため「早く合意したい」としている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが米Amazon.comの「Fire TV」および「Echo Show」から「YouTube」を引き上げる──。米The Vergeが12月5日(現地時間)、Google広報担当者からの声明文を添えてそう報じた。

 amazon 1 現在はFire TVでYouTubeを視聴できる

 事の始まりは3カ月前、GoogleがEcho ShowでのYouTubeサービスのサポートを停止したことだった。その直後、AmazonはGoogleの系列スマートホーム企業Nestの製品の扱いを停止。Amazonは11月に、Webアプリ経由でYouTubeへのアクセスを復活させていた。

 GoogleはThe Vergeに対し、「われわれは、双方の製品およびサービスを消費者に提供できるようAmazonと合意したいと努力してきたが、AmazonはChromecastや「Google Home」などのGoogle製品を扱ってくれず、「Google Cast」に「Amazonプライムビデオ」を提供してくれない。先月にはNest製品の扱いも停止した。こうした相互利益の欠如のため、Echo ShowおよびFire TVでのYouTubeの提供を停止する。この問題を解決できるよう早急に合意に達したい」と語った。

 amazon 2 Amazonアプリで「Chromecast」を検索するとトップに別の製品が表示される(左) 「Google Home」は販売していない(右)

 Fire TVの画面には同日から、YouTubeは2018年1月1日に利用できなくなるという通知が表示されるようになるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.