ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年12月06日 19時55分 公開

パナソニック、ノートPCのバッテリー14万個回収 発火の恐れ

2012年2月〜14年6月にパナソニックが製造したノートPC「CF-SX」「NX」シリーズで、バッテリーパックが発火する恐れ。約14万個を回収する。

[ITmedia]

 パナソニックは12月6日、2012年2月〜14年6月に製造したノートPC「Let'snote CF-SX」「NX」シリーズで、バッテリーパックが発火する恐れがあるとし、対象のバッテリーパック14万2019個を無償交換すると発表した。

photo 対象のバッテリーパック

 対象となるバッテリーパックの品番は「CF-VZSU75JS」「CF-VZSU76JS」「CF-VZSU78JS」「CF-VZSU79JS」「CF-VZSU61AJS」。

 2015年10月〜17年11月にかけ、東京都、大阪府などでノートPCの充電中に製品や周辺を焼損した事故が10件起きた。いずれもバッテリーセルの内部ショートで発火したという。内部ショートの原因は調査中だが、バッテリーの製造工程で異物混入などの不具合があったと、同社は推定している。

 回収・交換の申し込みは、電話窓口(0120-870-163)かWebサイトで受け付ける。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.