ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年12月12日 15時18分 公開

サイトは停止中:ミクシィ、チケキャン問題で調査委を設置

チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」が商標法違反容疑などで捜索を受けた問題で、親会社のミクシィが調査委を設置。

[ITmedia]

 チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」が商標法違反容疑などで兵庫県警の捜索を受け、サイトを一時停止している問題で、運営企業の親会社ミクシィは12月12日、外部の弁護士らによる調査委員会を設置したと発表した。

photo チケットキャンプは現在も停止中

 調査委は外部の弁護士と、社外監査役の弁護士・公認会計士の計3人。事実確認と原因究明に加え、チケットキャンプに内在するリスクや問題点について検討するという。

 この問題では7日、同サイトを運営するフンザが商標法と不正競争防止法違反容疑で捜索を受け、サイトを停止。フンザは人気アイドルのライブ情報を集めたサイト「ジャニーズ通信」(現在は休止)を運営しており、報道によると、ジャニーズ事務所の商標を不正利用した疑いがもたれているという。

photo 「ジャニーズ通信」は「復旧のめど立っていない」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.