ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年12月13日 14時55分 公開

レンタカーを無人で貸し出し JR東とDeNAが実験

レンタカーの車両を無人で貸し出すサービスの実証実験を、JR東とDeNAが18日から一部エリアでスタートする。

[ITmedia]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)とディー・エヌ・エー(DeNA)は12月13日、レンタカーの車両を無人で貸し出すサービスの実証実験を、18日から一部エリアで行うと発表した。DeNAのカーシェアアプリと、スマートフォンで解錠できるスマートキーを利用し、対面による手続き不要で車を借りられるようにする。

画像

 DeNAが提供する個人間カーシェアリングサービス「Anyca」(エニカ)と、JR東日本レンタリースの保有車両(日産NOE)を活用。車両情報をAnycaに登録し、利用したい人とマッチングする。

 利用者はAnyca上で車両を予約し、クレジットカードで決済する。アプリでドアの解錠・施錠ができるスマートキーデバイスを車両に搭載することで、対面手続き無しで貸し出し・返却を可能にする。

画像
画像

 新潟、長岡、越後湯沢、新白河、福島、郡山のJR東日本レンタリース店舗の各1台ずつが対象で、料金は24時間4000円〜。6月末まで実験を行い、利便性向上に向けた検討につなげる。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.