ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年12月19日 09時09分 公開

Twitter、トランプ大統領もRTした極右リーダーなど、新ルールに反するアカウントを多数凍結

Twitterが新ルール適用開始でさっそく極右団体のリーダーたちのアカウントを凍結している。ドナルド・トランプ米大統領がRTした反イスラム動画を投稿したジェイダ・フランセン氏のアカウントも凍結済みアカウントになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterの12月18日(現地時間)の新ルールの適用開始発表とほぼ同時に、多数の極右アカウントが凍結されている。英BBCなどが同日報じた。

 例えば、ドナルド・トランプ米大統領がRT(リツイート)して物議を醸した反イスラム動画を投稿した英極右団体Britain Firstの副代表、ジェイダ・フランセン氏と、同団体の代表であるポール・ゴールディング氏のアカウントが凍結された。

 jayda 1 ジェイダ・フランセン氏(公式Facebookページ)

 Twitterは当時、問題になった動画ツイートを削除しない理由として、「現在のメディアポリシーに基づいて」いるとしていた。新ポリシーではこれらの動画は削除対象になり、複数の削除対象動画を投稿したアカウントは永久凍結対象になる。

 Britain First自体のアカウントも「凍結済みアカウント」と表示される。

 jayda 2 Britain FirstのアカウントURL入力結果

 Twitterは新ルールで、「暴力的な過激派組織に所属している、または加入しているアカウントは永久凍結」すると明記した。Britain Firstはこの条項に違反するとみられる。

 同団体の公式サイトには「イスラム過激派の急速な成長は、女性や言論の自由の抑圧、人種差別的な攻撃につながっている」とし、それを阻止する活動をするとある。

 Britain FirstはTwitterによるアカウント凍結に反対する署名集めを開始した。

 jadya 3 Britain FirstのWebサイトでの反対運動

 米Financial Timesによると、複数の白人至上主義団体やオルトライト団体のリーダーのアカウントも凍結されたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.