ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年12月19日 11時07分 公開

楽天・三木谷社長、携帯キャリア参入で「安価なサービス提供したい」

楽天の三木谷社長がTwitterで、携帯キャリア事業参入についてコメントした。「もし認められれば、より快適で安価なサービスが提供できるように頑張ります」などとつづっている。

[ITmedia]

 楽天の三木谷浩史社長が12月18日、自身のTwitterを更新し、携帯キャリア事業参入についてコメントした。「もし認められれば、より快適で安価なサービスが提供できるように頑張ります」などとつづっている。

 同社は14日、自身で回線を保有する携帯キャリア事業(MNO)への参入計画を発表。総務省が4G携帯向けに1.7GHz帯と3.4GHz帯の追加割り当てを行うのに合わせて申請し、割り当てが認められた場合、参入する予定だ。

 三木谷社長はTwitterで「カード事業参入の時も、色々と言われたが、10年が経ち、取扱高、利益水準も業界トップ(クラス)になった。MVNOの好調さ、9000万人を超える会員ベースを考えても、参入は自然な流れだと思う。もし認められれば、より快適で安価なサービスが提供できるように頑張ります」と述べている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.