ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年12月19日 13時47分 公開

「Abemaビデオ」、Amazon Fire TVやApple TVでも利用可能に

サイバーエージェントが、見逃した番組を視聴期間内であれば好きなときに見られる「Abemaビデオ」が各種テレビデバイスに対応したと発表した。

[ITmedia]

 サイバーエージェントは12月19日、インターネットテレビ局「AbemaTV」で見逃した番組を見られる機能「Abemaビデオ」が、Amazon Fire TVファミリー、AppleTV、AndroidTVに対応したと発表した。

photo

 Abemaビデオは、コンテンツごとに定められた視聴期限内であれば、見逃した番組を好きなときに視聴できる機能。2017年4月に追加された機能で、「プレミアムプラン」(月額960円(税込/一部コンテンツは無料)に登録すると利用できる。

photo 「Abemaビデオ」トップページより(C)AbemaTV

 AbemaTVはPCブラウザやスマートフォン、タブレット端末だけでなくChromecastやAmazon Fire TV、Apple TV、Android TVなどのテレビデバイスにも対応していたが、これまでAbemaビデオには対応していなかった。

 サイバーエージェントは「自宅でゆっくり、大きなテレビデバイスの画面で、Abemaビデオの番組を楽しんでもらえるようになった。サービスの利用シーンが広がることで、さらに快適に利用してもらえることを期待している」とし、今後もコンテンツ拡充や機能追加など積極的なサービス開発を進める考えという。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.