ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年12月20日 12時16分 公開

献立を“10秒で決定”「タベリー」公開 「料理続ける」負担を軽減

献立を10秒で決められるというスマホアプリ「タベリー」が登場。

[ITmedia]

 献立を10秒で決められるというスマートフォンアプリ「タベリー」(iOS版)を、ベンチャー企業の10X(東京都中央区)が12月20日に公開した。主菜、副菜、汁物の順に表示されるレシピの中から好きなものを選ぶと、献立決めをサポートしてくれる。ダウンロードは無料。

photo

 料理研究家や料理教室が提供するレシピ(6000以上)を利用できる。味の関連性、使いたい食材、用意する人数など「ユーザーの背景を学習する」仕組みも搭載するという。閲覧できるレシピ数が増えたり、広告を非表示にできたりする有料機能「タベリープラス」(月額720円)も提供する。

photo

 決まった献立に基づき、必要な食材と分量をリスト化。作ったリストは保存でき、買い物時に閲覧できる。他のユーザーが投稿する献立をチェックできるコミュニティー機能を備える他、コメントでやりとりできる機能も追加する予定。

 同社広報担当者は、サービスの狙いを「料理を続けるのが大変という人の要望に応えるため」と説明する。献立の決定に時間がかかるだけでなく、「何を買うか」を迷って買い物が非効率になるなど、さまざまな課題を抱えていると分析。「これまではさまざまなサービスが(そうした課題を)別々に細かく満たしていたが、タベリーはワンストップで負担を軽減できる」としている。

 サービス開始に合わせ、同社は5600万円の第三者割当増資を実施。タベリー事業の開発や拡大、人材の採用を進めるという。将来は、タベリーを通じて集めた個々のユーザーの意思決定データを活用し、献立のみならず、その食材の流通を最適化する取り組みも検討するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.