ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年12月20日 17時37分 公開

改札出るときにも「Suica」オートチャージ対応 来年3月から

入場時に加えて、出場時にもオートチャージ機能が使える。

[山口恵祐,ITmedia]

 JR東日本は12月20日、交通系ICカード「Suica」のオートチャージ機能が、駅の入場時に加えて出場時にも対応すると発表した。2018年3月17日から首都圏、仙台、新潟のSuicaエリアとPASMOエリアの駅で利用できる。

photo

 改札を通過するときに、Suicaの残額が一定金額以下であればカード決済で自動的にチャージされるサービス。現在は駅の入場時のみ利用できる。

 駅の出場時に、運賃を精算した後の残額がオートチャージの設定金額を下回るとオートチャージされる。利用者の事前申し込みなどは必要ない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.