ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年12月22日 18時39分 公開

テクノロジー雑誌「WIRED」日本版 再び休刊

テクノロジー雑誌「WIRED」日本版 再び休刊

[ITmedia]

 テクノロジー雑誌「WIRED」の日本版が12月9日発行のVOL.30を最後に休刊になると、12月22日に同誌のWebサイトで発表された。若林恵氏は編集長を退任する。

IT 「WIRED」サイトで休刊をお知らせ
IT 休刊の理由

 2018年の3月発売号は刊行せず、定期購読サービスの提供も終了する。定期購読者向けに解約ページも公開した。若林編集長は同誌サイトで「3月発売号以降のプリント版の継続については白紙」とし、休刊の理由を「ぼくが編集長を下りることになったんで。(略)そこは会社の判断」などと説明している。

IT 定期購読サービスも終了

 WIREDは1993年に米国で創刊。テクノロジーやネットカルチャーを独自の視点で紹介してきた。日本語版は94年に同朋舎出版から創刊されたが、98年に全45号で休刊。11年6月からはファッション誌「GQ」などを手掛けるコンデナスト・ジャパンのもとで復刊したが、今回全30号で再び休刊した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.