ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年01月05日 07時32分 公開

Intel、プロセッサ脆弱性対策で「来週末までに過去5年に製造したプロセッサの9割に更新実行」

プロセッサの脆弱性「Meltdown」と「Spectre」について、Intelが過去5年以内に製造した大部分のプロセッサの90%に対し、来週末までに更新プログラムの発行作業を完了すると説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Intelは1月4日(現地時間)、前日に影響を認めたプロセッサの脆弱性「Meltdown」と「Spectre」の対策の進捗について発表した。既に同社が過去5年以内に製造した大部分のプロセッサ製品の更新プログラムを発行しており、この作業は来週末までに90%達成する見込みという。

 meltdown 1

 米GoogleのProject Zeroチームなど複数の研究者が発見したこれらの脆弱性は、プロセッサの“仕様”を悪用すればコンピュータ内の機密情報を抜き出せるというもの。Intelだけでなく、AMDやArmのプロセッサも影響を受ける。また、PCだけでなく、AWSなどのクラウドサービスで使うサーバ、IoT端末など、様々な製品が影響を受ける可能性がある。

 meltdown 2 Meltdownの悪用例(ヤセク・ガロウィッツ氏のブログより)

 Spectreについては対策が難しく、完全に阻止する手段は今のところ見つかっていないという。Intelは上記の更新プログラムについて「双方の脆弱性に対する免疫を高める(immune)」と説明している。

 Intelは、更新プログラムの適用によってパフォーマンスが落ちる可能性を認めているが、「一般的なPCユーザーにとっては重要ではなく、時がたつにつれて軽減されるはず」と説明する。

 一般的なPCユーザーにできる最低限の対策は、自分が使っている端末やOS、インストールしているアプリのメーカーが提供する更新プログラムをすべて適用して常に環境を最新の状態に保つことだ。

 MeltdownとSpectreについては、専門サイトに情報がまとまっている。本稿執筆現在、Intel、Arm、AMD、Microsoft、Amazon、Google、Mozilla、Red Hat、Debian、Ubuntu、SUSE、LLVM、CERT、MITRE、VMWare、Citrixの関連情報ページへのリンクが掲載されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.