ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年01月09日 11時25分 公開

CES 2018:三井住友カード、「ロック機能付きクレジットカード」発表 カード番号を液晶で表示

三井住友カードと米Dynamicsは、「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に日本で展開すると発表した。

[太田智美,ITmedia]

 三井住友カードと米Dynamicsは1月9日、米国ネバダ州ラスベガスで開催される「CES 2018」(2018年1月9日〜12日、現地時間)で「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に日本で展開すると発表した。


ロック機能付きクレジットカード ロック機能付きクレジットカード

 これまでのクレジットカードは表面にカード番号が全て記載されていたが、このロック機能付きカードはカード番号の一部が記載されておらず、パスコードを入力すると表示する仕組み。カードにはLEDランプや液晶、番号を入力するタッチ式ボタンが搭載されており、カードを利用するたびにパスコードを入力して液晶にカード番号を表示させる。

 カードが起動すると、磁気ストライプとICチップ機能が使える状態になり、決済できる。店頭、インターネット決済共に利用できる。なお、利用できるのはカード番号表示中のみで、カード利用後は再び液晶の番号が非表示となり利用できなくなる。


ロック機能付きクレジットカード 米Dynamicsは、CES 2018で、カード情報のダウンロード機能を持つカード「Wallet Card」を公開。この技術に対し、米国技術協会(CTA)は「セキュリティ技術に関するイノベーション最優秀賞」を含む「CESイノベーション賞」を4賞と、「より良い世界のための技術・コンピュータ・組込技術部門」(入選)を授与した

 パスワードは、カード受け取り後にユーザー自身が設定。設定したいパスワードを2回入力すると、設定が完了する。

 既存のVisa加盟店であれば、従来の決済インフラや加盟店システム(端末など)を使って利用できるという。

 「この新型カードは業界初の仕組みを採用しており、店頭やインターネットなど全ての決済において最高クラスのセキュリティをもたらす」(三井住友カード執行役員 商品企画開発部長神野雅夫さん)

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.