ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年01月16日 17時23分 公開

「カレログ」開発元・マニュスクリプトが破産

東京商工リサーチによると、「カレログ」開発元のマニュスクリプトが1月5日、東京地裁から破産開始決定を受けた。

[ITmedia]

 東京商工リサーチによると、Androidアプリ「カレログ」の開発や映像制作などを手掛けてきたマニュスクリプトが1月5日、東京地裁から破産開始決定を受けた。「脆弱な財務内容から資金繰りを維持することができなった」という。負債総額は調査中。

画像 カレログ(既にサービス終了)
画像 マニュスクリプトの公式サイトより

 1999年設立。アプリの企画開発やWebデザイン、映像制作、出版を手掛けていた。

 2011年には、交際相手のスマートフォンにインストールし、現在地の追跡や通話記録などをチェックできるアプリ「カレログ」を開発。「プライバシーの侵害では」などと物議をかもし、総務相もコメントする事態に発展した。その後、サービス内容を変更した「カレログ2」「カレピコ」を出すなどしていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.