ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年01月18日 13時12分 公開

「ITパスポート試験」83歳が合格 最年長記録更新

IT国家試験の「ITパスポート試験」に83歳が合格し、最年長記録を更新した。

[ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)は1月18日、2017年12月の「ITパスポート試験」に83歳が合格したと発表した。これまでの最年長記録は82歳で、記録を更新した。

 12月の試験は、8690人(学生48.1%、社会人51.9%)が応募し、合格率は49.2%。4月〜12月の間では、75歳以上の受験者数は5人で、合格者は3人だった。65歳以上は、受験者30人に対して合格者は25人。

IT 2017年12月の「ITパスポート試験」
IT

 ITパスポート試験は、セキュリティやネットワークなどのITに関する基礎知識をはじめ、経営戦略、財務、法務、プロジェクトマネジメントなど幅広い分野の知識を問うCBT方式(コンピュータを利用して実施する試験)の国家試験。

 7月の試験では9歳が合格し、最年少記録(10歳)を更新していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.