ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年01月25日 07時10分 公開

「iOS 11.3」開発者向けβリリース バッテリー関連などの新機能を紹介

Appleが「iOS 11.3」の開発者向けβをリリースした。旧型iPhoneの減速を無効にする機能や、「iPhone X」の新しい「Animoji」のキャラクター、ARKitの新機能などが使えるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは1月24日(現地時間)、「iOS 11.3」の開発者向けβをリリースし、主な新機能を発表した。パブリックβも間もなくリリースする。公式版は“今春”の予定だ。

バッテリーとパフォーマンスの管理機能

 昨年末に問題になった旧型iPhoneの意図的減速対策として予告していたバッテリー関連の機能として、「iPhone 6」以降のモデルでは、[設定]→[バッテリー]にバッテリー交換が必要かどうかなどを確認できる画面が追加される。

 また、バッテリーが原因の急なシャットダウンを回避するための減速対策を無効にする設定もこの画面でできるようになる。

 これら機能は、まずはiOS 11.3のβでの追加になる。

ARKit 1.5で壁にもオブジェクトが置けるように

 「ARKit」がバージョン1.5になり、高度なコンピュータビジョン技術の採用で、ポスターや絵画などの2D画像の認識が可能になり、AR内にこうした画像を統合できるようになる。

 ios 1 ARKit 1.5の新機能

 また、これまでテーブルなど水平な面にしか置けなかったオブジェクトを壁やドアのような垂直な面に置けるようになる。

4種類の新しいAnimoji(ライオン、ドラゴン、クマ、ガイコツ)

 iPhone Xでのみ使える顔の動きに合わせて動く「Animoji」に4種類のキャラクターが追加される。ライオン、ドラゴン、クマ、ガイコツだ。

 ios 2 Animojiの新キャラクター

Business Chat機能(β)

 企業が「メッセージ」を顧客窓口として使える「Business Chat」のβテストを、Discover(クレジットカード)、Hilton(ホテル)、Lowe’s(ホームセンター)、Wells Fargo(金融)などの企業とともに開始する。

 ユーザーはこれらの企業の顧客窓口とチャットしながらホテルに予約を入れたり、家電製品を購入したりできる。支払いにはApple Payを使い、ユーザーの連絡先は企業側に共有されない。

「ヘルスケア」で医療データをチェック

 「ヘルスケア」アプリに「Health Records」機能が追加され、通院している医療機関やサードパーティアプリの医療データを表示できるようになる。すべてのデータは暗号化され、パスコードで保護される。患者のカルテの扱いは日米で大きく異るので、日本でこの機能が使えるようになることは当面なさそうだ。

 ios 3 Business Chat(左)、Health Records(右)

 Appleは、これらの新機能は今春のアップデート段階では追加にならないものもあり、使える地域が限られるものもあるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.