ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年01月27日 00時00分 公開

コインチェック、不正アクセスで仮想通貨「NEM」消失 約580億円相当

コインチェックが取り扱っている仮想通貨「NEM」の一部が消失したことが分かった。不正アクセスが原因で、5億2000万NEM(約580億円相当)が流出したという。

[ITmedia]

 コインチェック(東京都渋谷区)が運営する仮想通貨取引所「coincheck」は1月26日、取り扱っている仮想通貨「NEM」の一部が消失していたことが分かったと発表した。同社システムが不正アクセスを受け、顧客から預かっていた5億2000万NEM(午前3時時点の同社レートで約580億円相当)が流出したとしている。金融庁、警視庁に報告し、詳しい調査を進めているという。

 同社によれば、26日午前3時ごろにNEMが流出。午前11時25分ごろにNEM残高が「異常に減っている」ことを検知し、正午ごろ入金を制限した。その後、NEMの売買と出金、さらに日本円と取り扱う仮想通貨全ての出金を停止している(午後11時現在)。

 NEM以外は、ハッキング被害なども含めトラブルは確認していないという。コインチェックの大塚雄介取締役は「お客さまの保護を優先し、補償などは検討中」という。

 同社の和田晃一良代表取締役は「金融の経験がない中、外部の手や保険会社勤務の経験がある社員の力を借り、知見を高めて経営してきた」と話した。

photo 和田晃一良代表取締役

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.