ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年01月31日 11時05分 公開

LINE、仮想通貨取引に参入へ 新会社「LINE Financial」設立

LINEが新会社「LINE Financial」を設立。メッセージアプリ「LINE」を通じ、仮想通貨取引、ローン、保険などのサービスを提供する準備を進める。

[ITmedia]

 LINEは1月31日、金融事業を手掛ける新会社「LINE Financial」を10日に設立したと発表した。メッセージアプリ「LINE」を通じ、仮想通貨取引、ローン、保険などのサービスを提供する準備を進める。

photo LINEの公式サイトより

 資本金は50億円。代表取締役には、LINEの出澤剛代表取締役社長が就く。

 仮想通貨取引所などを運営するには、金融庁から仮想通貨交換業者登録を受ける必要がある。LINEによれば、既に手続きを始め審査中という。

 これまで培ってきたメッセージを取り扱う際のセキュリティ技術に加え、ブロックチェーン技術などの研究や開発を進め、「ユーザーにとって便利で、安全な金融サービスの提供を目指す」(LINE)。

 LINEの決済サービス「LINE Pay」の年間取引高は全世界で4500億円を突破し、登録ユーザー数は4000万人超という(2017年時点)。こうした中、「さらに革新的な金融サービスの構築、提供をすべく、新会社を設立した」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.