ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年01月31日 12時02分 公開

「いいね!」増えるハッシュタグを提案するAI 東大とサイバー子会社が連携、企業アカウント運用に活用へ

東大が開発した「SNSでの人気を高めるハッシュタグを提案するAI」が、サイバーエージェント子会社と産学連携を開始する。

[ITmedia]

 サイバーエージェントの子会社サイバー・バズは1月31日、東京大学が開発した、SNSに投稿する画像・動画の「人気度」を向上させられるハッシュタグをAIが提案する技術で、産学連携したと発表した。同社がSNSを通じて蓄積してきたビッグデータをAIの学習に利用し、企業アカウントの運用などに役立てる狙い。

東大 ハッシュタグのスコアを計算するグラフの概念図

 人が付けた既存のタグに関連が深く、閲覧数や「いいね!」など人気度への影響力が強いタグを推薦できる計算手法「FolkPopularity Rank」を活用する。画像や動画に付いているタグとその人気度を数学的なグラフ(行列)で表現し、どのタグ同士が同時に使われることが多いかを考慮しながら反復的に計算することで、各タグの人気度への影響を数値化・ランキングしているという。

東大
東大

 2017年8月1日の発表(東大)では、AIが提案するハッシュタグを付けて約2000枚の画像を投稿したところ、人が付けたタグだけの場合より、2倍の閲覧数を獲得できたとしている。

 ソーシャルインフルエンサー事業を展開するサイバー・バズは、写真共有サービス「Instagram」を通じて蓄積した膨大なデータ(ハッシュタグ、投稿に対するいいね、コメント数、ユーザーのフォロワー数など)をAIの学習に利用する考え。研究成果は、プロダクト化して運用する。

東大 企業アカウント運用代行サービス

 まずはSNS企業アカウント運用代行サービスで活用し、ハッシュタグ設計の提案などを行う。個人ユーザーへのサービス展開も視野に入れているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.