ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年01月31日 17時36分 公開

ソフトバンク、MVNO「LINEモバイル」の51%取得 戦略的提携へ

LINEモバイルとソフトバンクは「LINEモバイル」の成長を目的とする戦略的提携を進めることを基本合意した。

[太田智美,ITmedia]

 LINEモバイルとソフトバンクは1月31日、LINEモバイルが運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」の成長を目的とする戦略的提携を進めることについて基本合意したと発表した。合意にはソフトバンクからの出資が含まれ、最終的な出資比率はLINEが49%、ソフトバンクが51%となる予定。


LINEモバイルとソフトバンク提携

 LINEモバイルが実施する第三者割当増資は、ソフトバンクが引き受ける資本提携とMVNO事業推進のための業務提携から成り、詳細は今後の両社協議により決定する。

 取引は2018年3月ごろに完了予定。代表取締役社長には、引き続き嘉戸彩乃氏が就く。

 LINEモバイルはソフトバンクとのパートナーシップを生かし、総合通信事業者の知見を活用した事業運営の実現を目指すという。

 現在LINEモバイルを契約中のユーザーは、これまで通りサービスを利用できる。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.