ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年02月01日 09時47分 公開

「岩波ブックセンター」跡地に新書店 「神保町ブックセンター with Iwanami Books」4月開業へ

「岩波ブックセンター」跡地に新書店今年4月、書店・コワーキングスペース・喫茶店の複合施設「神保町ブックセンター with Iwanami Books」がオープンする。

[ITmedia]

 東京・神保町の「岩波ブックセンター」跡地に今年4月、書店と喫茶店、コワーキングスペースの複合施設「神保町ブックセンター with Iwanami Books」がオープンする。店舗や施設の企画・運営などを手掛ける新興企業・UDSが1月31日に発表した。

画像 神保町ブックセンター完成イメージ

 2016年に閉店した岩波ブックセンターは、人文・社会科学系の専門書、新書、文庫など、岩波書店が刊行する書籍の大部分を取り扱い、神保町のランドマークとして知られていたが、運営会社・信山社の社長の死去に伴い、惜しまれながら閉店した。

 4月にオープン予定の神保町ブックセンターは、岩波書店の書籍をそろえた書店にする計画。コーヒーや食事が楽しめる喫茶店「本喫茶」も併設し、日中は「本が読めて買える喫茶店」、夕方以降は「本に囲まれながらゆっくりとお酒も楽しめる場」として営業する。

 「仕事場」として、本に囲まれたワークラウンジや会議室も提供。ワークラウンジでは、岩波書店の書籍に関するイベントや、著者を招いたトークイベント、講座、読書会などを定期開催する。

 「本を中心に人々が集い、 これからを生きるための新しい知識・新しい仲間に出会える”本と人との交流拠点”となる場」として運営するという。

 アドバイザーに、下北沢の書店&イベントスペース「本屋B&B」共同経営者の内沼晋太郎氏を迎え、同氏との協力体制のもと運営する。

 場所は、千代田区神田神保町2丁目3−1 岩波書店アネックス1〜3階。1階が喫茶店・書店・ワーク欄時、2回が会議室、3階がサービスオフィス・パーソナルデスク――という構成になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.