ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
» 2018年02月05日 08時50分 公開

「Windows 10 S」は単体エディションとしては終了し、「S Mode」に?

Microsoftが、UWPアプリしか使えない軽量OS「Windows 10 S」を次期Windows 10アップデートで終了し、各エディションの「S Mode」として提供するとThurrottが報じた。

[ITmedia]

 米Microsoftが昨年発表した「Windows 10 S」は単体エディションとしてはなくなり、「S Mode」として各エディションで選択可能なモードになると、米Thurrottが2月2日(現地時間)、入手したMicrosoftの内部資料に基づく情報として報じた。

 smode 1

 Windows 10 Sは、Microsoftが昨年5月に発表した、米Googleの「Chrome OS」のような“セキュアな”軽量OS。セットアップが簡単で、「UWP(Universal Windows Platform)」しかインストールできないようにすることで安全性を高めたのが特徴だ。

 smode 2

 現在はOEMからの教育市場向け低価格PCや「Surface Laptop」のOSとして提供されている。いずれも「Windows 10 Pro」へのアップグレードが可能で、Surface Laptopについては3月末まで無料でアップグレード可能だ。それ以降は49ドル(日本では6900円)の有償になる。

 Thurrottによると、3月実施見込みの「Windows 10」の次期アップデート(コードネーム:Redstone 4)でWindows 10 Sはなくなり、Microsoftはほぼすべてのエディションで「S Mode」を提供するという。

 「Home」および「Education」ではS Modeから非S Modeへの移行は無料で、「Pro」では49ドルの有償になるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング