ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2018年02月05日 14時00分 公開

2020年、空港でハローキティの無人タクシーがお出迎え サンリオとZMPがコラボ

ZMPのロボット技術とサンリオキャラクターがコラボ。宅配ロボット「CarriRo Delivery」や開発中の無人自動走行タクシーを“ハローキティ仕様”になる。

[ITmedia]

 ロボットベンチャーのZMP(東京都文京区)とサンリオは2月5日、ロボット技術とサンリオキャラクターのコラボレーションを発表した。ZMPの宅配ロボット「CarriRo Delivery」(キャリロ デリバリー)や開発中の無人自動走行タクシーを“ハローキティ仕様”にする。

サンリオのプライベート商談会「SANRIO EXPO 2018」では、ハローキティが描かれたCarriRo Deliveryの実機などを展示している

 CarriRo Deliveryは、物流のラストワンマイル問題の解決を目指して開発中のロボット。レーザーセンサーとカメラで周囲360度を認識しながら最大時速6キロで荷物を運ぶ。17年秋以降、六本木ヒルズ福島県南相馬市で実証実験を行っている。

 一方の無人自動走行タクシーは、2020年の商用化を目指して開発している遠隔監視方式の自律走行車。17年6月には日の丸交通と自動走行タクシー実現に向けた協業を発表し、12月には都内で公道を走る実証実験を実施している。

ZMPの無人自動走行タクシー(17年12月に撮影)

 サンリオのプライベート商談会「SANRIO EXPO 2018」(2月5〜9日)では、車体にハローキティが描かれたCarriRo Deliveryの実機の他、無人自動走行タクシーのイメージ図などをパネル展示。「海外にもファンの多いハローキティとコラボして2020年のインバウンド顧客をおもてなし。羽田空港に着いたらハローキティの自動走行タクシーが出迎え、ホテルまで送ってくれる」(ZMP)

 SANRIO EXPO 2018の会場は「ゲートシティ大崎」(東京・品川区)。サンリオの取引先向け展示会のため、一般客は入場できない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.