ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年02月08日 13時29分 公開

“別人の声”が出せる「アニメガホン」登場 コンサート会場なら「歌手の声で」警備・案内可能に

声を通すと別人の声にリアルタイムで変換するメガホン「ANIMEGAPHONE」が登場。コンサート会場で「歌手の声」で警備や案内をするなどの利用シーンを想定している。

[ITmedia]

 声を通すと別人の声にリアルタイムで変換するメガホン「ANIMEGAPHONE」(アニメガホン)を、TBWA HAKUHODO、ユカイ工学、KOTOBUKISUN、クリムゾンテクノロジーなどが2月8日に発表した。コンサート会場で「歌手の声」で警備や案内をしたり、会社内で「社長の声」で発話したりといった利用シーンを想定する。

photo 「ANIMEGAPHONE」(アニメガホン)
photo 利用シーンの例

 クリムゾンテクノロジーが開発したリアルタイムボイス変換AI(人工知能)技術「リアチェンvoice」を応用した。メガホンで発話する人の声を解析し、あらかじめ学習させた別人の声としてほぼ遅延なく出せるという。

 一般にボイスチェンジャーは、声の音程や音質をフィルタリングして変化させるが、ANIMEGAPHONEには、言語やイントネーションなどを保ちながら声質を変換するシステムを「メガホン単体」に搭載したという。

photo 技術について(公式サイトより)

 現段階ではレンタルでの提供を想定し、試用を希望するイベント主催者などを公式サイトで受け付ける。提供価格などは、複数の実地テストを行った後、設定する。

 第1回の実地テストはガレージキットのイベント「ワンダーフェスティバル」(2月18日、千葉・幕張メッセ)で行う予定。ワンダーフェスティバルでは、声優の平田広明さん、小岩井ことりさんの声を事前登録したメガホンを使う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.