ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年02月09日 12時06分 公開

Facebook、コメントへの「反対」リアクションをテスト中

Facebookが、米国の一部のユーザーを対象に、コメントのリアクションとして「downvote」(反対票)を表示するテストを開始した。「悪いね!」ではないとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookの複数の米国ユーザーが2月8日(現地時間)、ニュースフィードのコメント欄に「downvote(反対票)」リアクションが表示されるとツイートし、同社が米TechCrunchに対し、テストを実施していると認めた。

 downvoteは、米Redditでおなじみの言葉。投稿タイトルの左に表示される上矢印をクリックすれば「upvote」に、下矢印をクリックすればdownvoteになる。コメントに「upvote」が多数付けばスレッドの上位に、downvoteが多数付けば下位に表示される。

 Facebookの場合は、downvoteボタンをタップするとコメントが非表示になり、なぜボタンをタップしたのか報告するメニュー(攻撃的、誤解を招く、無関係)が表示される。

 Facebookによると、このテストは米国の一部のAndroidユーザーを対象に行っており、downvoteが表示されるのは公開されているFacebookページの投稿についたコメントにのみ表示されるという。

 Facebookはこれは「いいね!」の反対の「悪いね!」ボタンではないと強調する。ユーザーが(投稿者に対してではなく)Facebookに対し、不適切なコメントを気軽に報告できるようにするのが目的という。

 Facebookは2018年、虚偽ニュースメンタルへの悪影響の対策に取り組むとしており、このテストはその一環のようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.