ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年02月13日 18時38分 公開

AWS、大阪ローカルリージョンを開設

Amazon Web Services日本法人が「AWS 大阪ローカルリージョン」の運用を始めた。日本国内では東京リージョンに続き2カ所目。

[ITmedia]

 Amazon Web Services(AWS)日本法人は2月13日、クラウドサービス「Elastic Compute Cloud」など向けに、「AWS 大阪ローカルリージョン」の運用を始めた。日本国内では、東京リージョンに続き2カ所目。

photo AWSの公式サイトより

 2011年にAWSは、日本国内に東京リージョンを開設。リージョン内に4つのデータセンター(アベイラビリティゾーン)を用意し、いずれかで障害が発生しても、システムが継続して稼働できる体制を整えてきた(18年現在)。大阪ローカルリージョンは、東京から遠く離れた地点に設けることで、より冗長性を高めたいユーザーのニーズに応える。

 大阪ローカルリージョンでは、Elastic Compute Cloud(EC2)、Simple Storage Service(S3)、Relational Database Service(RDS)などが利用可能。利用には申し込みと審査が必要。

 米Googleも、クラウドサービス「Google Cloud Platform」向けに「大阪GCPリージョン」を19年から運用する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.