ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年02月14日 15時21分 公開

東芝、17年度は5200億円の黒字予想へ

東芝の2017年度通期連結業績予想は、最終損益が5200億円の黒字見通し。従来予想の1100億円の赤字から一転した。

[ITmedia]

 東芝は2月14日、2017年度通期(17年4月〜18年3月)連結業績予想を上方修正し、最終損益が5200億円の黒字となる見通しを発表した。従来予想は1100億円の赤字だったが、米原発会社Westinghouse(WH)債権の売却益などで一転した。黒字になれば13年度以来、4年ぶり。

photo

 売上高は3兆9000億円(前期比3.6%減)、営業損益はトントン(同2707億円の黒字)で着地する予想。子会社・東芝メモリの株式譲渡が実現する可能性が高くなり、非継続事業へと組み替えたため下方修正した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.