ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年02月21日 15時48分 公開

明日から使えるITトリビア:Google Driveの魔法機能がすごい 画像の文字を書き起こす

意外と知られていないGoogle Driveの機能がすごい。

[太田智美,ITmedia]

 Google Driveは、写真や文章、イラストなどを保管できるオンラインストレージサービス。15GBまで無料で使えるため、データの保存・共有用に使っている人もいるだろう。

 そんなGoogle Driveの、意外と知られていない機能が話題になっている。Google Driveに画像をアップロードし、その画像をGoogle ドキュメントで開くと、画像の文字をテキストデータ化してくれるという。

 手順はこうだ。まず、PCで文字起こしをしたい画像をGoogle Driveにアップロードし、その画像を右クリック。「アプリで開く」から「Google ドキュメント」を選択して開けば終了。対応ファイル形式は「JPEG」「PNG」「GIF」「PDF」。

 最適な状態で書き起こすには、ファイルサイズを2MB以下にし、テキストの高さを10ピクセル以上に。画像の向きが間違っている場合は回転させてからアップロードし、ArialやTimes New Romanのような一般的なフォントを使用するといい。明るさが均一でコントラストがはっきりした画像だと、より正確な文字起こしができるという。

 実際にやってみると、ほぼ問題のない精度で文字起こしされているのが分かる。


Google Drive文字起こし ほぼ完ぺきに書き起こされる……すごい

 ユーザーの中には、「論文で文章を引用する際にお世話になった」「名刺管理をこれでしている」という声もあるほど。ちなみに、まだ2段組みには対応していないようで、空白を読み飛ばして文字起こしされてしまう。


Google Drive文字起こし 2段組みには非対応のようだ

 間違いなく文字起こしされると気持ちいい、魔法のようなGoogle Driveの機能。まだの人は試してみては?

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.