ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年02月23日 12時12分 公開

「ソニック」長編映画に セガ、Paramountが共同製作へ

Sega of Americaが、映画会社の米Paramount Picturesとゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の長編映画の共同製作で合意。

[ITmedia]

 セガサミーホールディングスは2月23日、グループ会社であるSega of Americaが映画会社の米Paramount Picturesと、ゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の長編映画(タイトル未定)の共同製作で合意したと発表した。実写とCGアニメーションを融合させた作品として製作し、2019年11月15日の北米公開以降、全世界で上映する予定。映画化により、新たな顧客獲得を目指す。

photo 長編映画化が決まった「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」=ソニック公式サイト「ソニックチャンネル」より

 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」は、1991年にメガドライブ(米国ではGenesis)向けゲームソフトとして発売。17年11月にはプレイステーション4、Xbox Oneなど向けに最新作「ソニックフォース」を発売し、シリーズ累計では3億6000万本(ダウンロード含む)を販売している(18年2月時点)。これまでにテレビアニメ化、グッズ商品展開も行ってきた。

 長編映画のプロデューサーは、映画「ワイルド・スピード」シリーズで知られるニール H. モリッツ氏(米Original Film)、エグゼクティブプロデューサーは「デッドプール」監督のティム・ミラー氏(米Blur Studio)。監督はジェフ・フォーラー氏(同)が務める。企画・プロデュース、アニメパート制作にはセガグループのマーザ・アニメーションプラネット(東京都品川区)も参加する。

 人気ゲームキャラクター(IP)のアニメ化、映像化が相次ぐ。任天堂は「マリオ」を扱った映画の企画開発を、米Illumination Entertainmentとスタートした。米Time Warnerが運営するアニメ専門チャンネル「カートゥーン・ネットワーク」では、カプコンの「ロックマン」を題材にした新作アニメが18年以降に放送予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.