ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年02月26日 12時21分 公開

京浜急行バス、空港バスや夜間バスに無料Wi-Fi 3月から

京浜急行バスが3月1日から空港バスや高速バスで無料Wi-Fiサービスを順次提供する。対象は羽田空港や成田空港、横浜駅などを起点とする空港バスや中距離バス、品川・横浜からの夜間高速バスなど251台。

[ITmedia]

 京浜急行バスはこのほど、3月1日から空港リムジンバスや高速バスなどで無料Wi-Fiサービスを順次提供すると発表した。羽田空港や成田空港、横浜駅などを起点とする空港・中距離バス、品川・横浜と各地を結ぶ夜間高速バスなど251台が対象。増加する訪日外国人のニーズに応える。

photo 京浜急行バスの中距離バスの例(公式サイトより)

 SSIDは「KEIKYU−BUS FREE Wi-Fi」。初回利用時にTwitter、FacebookなどのSNSアカウントか、メールアドレスを登録すれば誰でも使える。エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)が提供する無料のスマートフォン向け認証アプリ「JapanConnected−free Wi-Fi」(iOS/Android)を利用した接続も可能。利用可能時間は120分で、接続は1日4回まで。

photo プレスリリースより

 高速バス車内で使える無料Wi-Fiサービスは、阪急バスと阪急観光バスも2月に提供を始めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.