ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年02月26日 16時37分 公開

「ジャンプ図書館」開催 50年分のジャンプが無料で読める

「週刊少年ジャンプ」50年分がほとんど読める図書館「ジャンプ図書館」が3月、東京・六本木ヒルズに期間限定でオープンする。机やイス、内装まで「週刊少年ジャンプ」で作られた図書館だ。

[ITmedia]

 「週刊少年ジャンプ」50年分がほとんど読める図書館「ジャンプ図書館」が3月、東京・六本木ヒルズに期間限定でオープンする。ジャンプ創刊50周年企画の一環。

画像 ジャンプ図書館のイメージ
画像

 机やイス、内装まで「週刊少年ジャンプ」で作られた図書館。創刊号から2018年14号(3月5日発売号)までのジャンプ2406冊のほとんどが読めるという(一部抜けている号あり)。

 六本木ヒルズヒルサイド2階にある「ヒルズ カフェ/スペース」に、3月15日〜26日の期間限定でオープンする。営業時間は午前11時〜午後11時(3月15日のみ午後から営業)。入場無料。

 ジャンプのLINE公式アカウントを友だち追加して入館すると、LINE Beacon の機能と連動した特別画像をプレゼント。ジャンプロゴのラテアートを施したカフェラテなど、コラボドリンクも有料で提供する。

 開催を前に、ジャンプ創刊号から18年13号までの総発行部数は75億部以上、これまで一番長いキャラクター名は192文字、表紙登場回数が最も多いキャラは「ONE PIECE」のルフィ――など、ジャンプにまつわる豆知識も公開した。図書館内には、ほかにもたくさんのジャンプ関連知識が詰め込まれているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.