ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年03月05日 06時54分 公開

「MacBook Air」の新モデルが4〜6月に登場?──KGI予測

Appleが、しばらくアップデートしていない薄型ノート「MacBook Air」の新モデルを第2四半期に発売すると、台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が予測した。現行モデルより安くなるという。

[ITmedia]

 米Appleは第2四半期(4〜6月)に「MacBook Air」の新モデルを発売する──。Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏のこのような予測を、米9TO5Mac他、複数のメディアが3月3日(現地時間)に伝えた。

 MacBook Airは、2008年1月に初代が発表された薄いことが特徴のMacBook。2015年以来、大きなアップデートがなく、2016年には11インチモデルがなくなり、現行モデルは「13インチ MacBook Air」のみ。日本での販売価格は9万8800円(税別)からだ。

 macbook 1 現行モデル

 クオ氏は、新しいMacBook Airは現行モデルよりも安い価格帯になり、このモデルの登場でMcBookシリーズの2018年の出荷台数が前年比で10〜15%増加すると予測する。

 macbook 2 現行のMacBookラインアップ

 Appleは例年、第2四半期に開発者会議「WWDC」を開催し、このイベントで新製品を発表することもある。今年のWWDCの日程はまだ発表されていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.