ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年03月12日 17時10分 公開

東京メトロ、車掌にもiPad

東京メトロが車掌にもiPadを支給。運行情報をリアルタイムに把握したり音声翻訳アプリを活用し、乗客への案内などを充実させる。

[ITmedia]

 東京メトロは3月12日、列車に乗務する車掌が、iPadを活用した案内を17日から始めると発表した。新たに「iPad mini 4」を400台導入。運行情報をリアルタイムに把握したり音声翻訳アプリを活用し、乗客への案内などを充実させる。

画像

 車掌のiPadには、「東京メトロアプリ」や「JR東日本アプリ」「小田急アプリ」などを活用し、列車の在線状況や運行状況をリアルタイムに把握できるようにするほか、輸送障害時には、音声翻訳アプリ「Voice Tra」を活用し、多言語で案内できるようにする。また、現在は紙で携行している点検マニュアルなどを電子化して収録する。

 東京メトロでは、2010年からサービスマネージャー、15年から改札口や駅事務室でiPadを活用した案内を行ってきた。車掌へのiPad導入は、千代田線から順次始め、18年中に各線に導入を完了する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.