ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年03月16日 06時43分 公開

「Android Wear」が「Wear OS by Google」に改称 3人に1人がiPhoneユーザー

Googleが、スマートウォッチOS「Android Wear」の名称を「Wear OS by Google」に変更した。連携するスマートフォンとしてiPhoneを使う人が増えている現状を反映させたとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月15日(現地時間)、スマートウォッチOS「Android Wear」の名称を「Wear OS by Google」に変更したと発表した。ロゴも刷新した。

 wearos 1 「Wear OS by Google」のロゴ

 2017年に、同OS搭載スマートウォッチユーザーの3人に1人がiPhoneとも端末を連携していたため、その現状を名称により反映させるのが目的という。

 Android Wearは2014年3月にリリースされ、2015年9月にはiPhoneとの連携が可能になった。これまでに50モデル以上のスマートウォッチが発売されたという。

 wearos 2 iPhoneアプリ

 Google Play Storeでは既に名称が変更されている。名称変更と共に、画面の視認性改善、Google Play Musicでのプレイリストシャッフルなどの小さな新機能追加も実施された。

 wearos 3 Google Play Storeは既に名称変更済み

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.